So-net無料ブログ作成
今日の《原-芸術》の可能性を求めて ブログトップ

アウエルバッハ/Tauba Auerbach1 [今日の《原-芸術》の可能性を求めて]


319FDSX1G0L._SL500_AA300_.jpg

 ティエリー ド・デューヴの『芸術の名において』という本の議論は、あまり私の好きなものではありません。しかしこの『芸術の名において』という書名は、今日のアート状況を良く指し示しています。

長谷川祐子という キュレーターが主張するように、今日ではデザインとアートの遺伝子が交換されたのですから、『デザインの名』において美術市場を成立させればよいのですが、そうはならずに、『芸術の名において』美術館で作品を展示し、美術市場で売買するのです。

つまり今日では《芸術》の名においてデザインでしかない作品を芸術として鑑賞する。そしてまた《芸術》の名において工芸しかない作品を芸術として鑑賞して感動するのです。《芸術》という名においてイラストでしかないものを見て喜ぶ、こういうことになっているのです。
『芸術の名において』であろうとも、しかし本質がデザインであるものはデザイン作品ですし、本質が工芸のものは工芸なのです。そしていくら美術館で回顧展が開かれても、本質がイラストのものはイラストなのです。つまり本質がデザイン、工芸、イラストの作品は、偽(にせ)の芸術なのです。

私自身は、芸術や美術館のこうした玉石混合の状態を事実として認めるし、それで良いとは思って言います。しかしこうした「偽(にせ)の芸術」よりは、本物の芸術の方が好きなのです。

人それぞれなので、偽物の方が好きな人がいても良いとは思います。しかし私は本物の芸術の方がすきなのです。だが、しかし情報化社会になって、複雑さは増してきています。つまり従来の芸術概念で、ヨーロッパの大コンサートホールで開かれるフルーケストラのベートーベンの様な音楽だけが芸術であるという時代は終わったのであって、それこそ,奴隷階級だったアメリカの黒人のブルースの中から、真性の芸術が出現した事を私は認めて、芸術概念の組み替えを認める必要があるのです。

さて、論証をして行くとながくなるので、はしょって結論だけを言うと、現在の彦坂尚嘉は《言語判定法》という方法で、《原-芸術》という言葉と対応する作品を追いかけています。そこに芸術を見いだすのです。

以前は《超次元》や、その倒錯した領域である《第41次元》を追いかけてきていましたが、問題が実は拡大してきているの、判断の基準をずらして刷新してきているのです。ブログの中でも繰り返し指摘しているように、《第1次元》を欠いた《超次元》だけのものは、いくら超一流であっても、人々が愛さないのです。そしてまた、これはあまり書いていませんが、《第41次元〜50次元》だけの作品は、この領域が《超次元》の倒錯領域なのであるせいか、つまりは超次元だけと同じ構造であって、問題があるのです。ここでも愛を欠いたつまらなさが見えるのです。

たくさんの作品を芸術分析してくる中で、従来と私が少し変わってきているのは、一つは200次元までを発見してきていて、超次元〜200次元まである表現を魅力のあるすごい作品であると考える所まで、到達している事です。
もうひとつは《6次元》を排除する態度を緩めている事です。《6次元》であっても、《原-芸術》のある作家を評価しようという態度になってきています。

さてそこで、ここ数回、検討してみたいのはアウエルバッハの作品です。アウエルバッハは、多様な作品をつくる、今日のタイプのアーティストで、6次元ではありますが、原-芸術性がある作品を作っています。


ANDALEALL.jpg



AM-Bells-visible-speech.jpg



yesnomorphI.jpg



LettersasNumbersII.gif



HAHA08.jpg



ohno.jpg



anagramI.jpg



creationreaction.jpg



HEREANDNOWANDNOWHERE.jpg



LISTENSILENT.jpg



YesNoMorphII.jpg



TheLordsPrayer.jpg



THISISALIE.jpg



Tauba-Auerbach1.jpg

『アートの格付け』

彦坂尚嘉責任による[ アウエルバッハ ]の芸術分析


《想像界》の眼で《第6次元》の
《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《第6次元》のデザイン・エンターテイメント
《現実界》の眼で《第6次元》の《真性の芸術》


《現実界》だけに還元された表現。
プラズマの表現。


《きばらし・アート》
《ハイアート》
シニフィエの表現
理性脳の表現

《原始平面》ペンキ絵【B級美術】

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《形骸》《炎上》《崩壊》の概念梯子が有る.

《世間体のアート》が無い


《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原デザイン》《原シンボル》の概念梯子が無い。

貴族美術
作品空間の意識の大きさが《グローバル》である。
《愛玩》《対話》という鑑賞構造が有る。
情報量が100である。

アウエルバッハは1981年、カリフォルニア州サンフランシスコ 生まれ

サンフランシスコのスタンフォード大学を卒業。

ニューヨーク在住

アウエルバッハ新しいテキストベースの作品をつくっています。意味のシステム調査する挑戦をしながら、ふざけて新たな意味を作成するために文字を組み合わせるタイポグラフィのような作品をつくっているのです。コンセプチュアルアートに見える作品でありながら、彦坂の言語判定法では《きばらしアート》なのです。

作品は、6次元ではありますが、《原-芸術》はあります。この辺が、デザインやイラスト、工芸になってしまう日本の作家とはちがうところです。

アウエルバッハの作品は現実界に還元されたものです。
これはコスースの文字の作品と比較すると、興味深いものです。

コスースとアウエルバッハ.jpg
アウエルバッハ            コスース
現実界のみ             象徴界
                  想像界
                  現実界の3界がある。

念のためにコスースの作品分析をしておきます。

kosuth.jpg

『アートの格付け』

彦坂尚嘉責任による[ コスース ]の芸術分析


《想像界》の眼で
《超次元〜200次元》の
《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《超次元〜200次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《超次元〜200次元》の《真性の芸術》


《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界のある表現。。
絶対零度/固体/液体/気体/プラズマの4様態のある表現。



《シリアス・アート》
《ハイアート》
シニフィエの表現
理性脳の表現

《透視画面》オプティカルイリュージョン【A
級美術】


《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《形骸》《炎上》《崩壊》の概念梯子が有る.

《世間体のアート》が無い


《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原デザイン》《原シンボル》の概念梯子が無い。

貴族美術
作品空間の意識の大きさが《宇宙》である。
《愛玩》《対話》という鑑賞構造が有る。
情報量が100である。

今回、芸術分析をしてみて、コスースの作品が200次元まであることを知って、あらためておどろきましたが、コスースは良い作家であったのです。






アウエルバッハ2 [今日の《原-芸術》の可能性を求めて]

2
"不確定性原理"はアーティストの確率極性議論するための言語数学彼女の調査延長する考えている。彼女の分析の中心質問です決定論と確率が異なっている展覧会ではオスロSTABDARDギャラリー6月8日まで実行されています。

今日の《原-芸術》の可能性を求めて ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。