So-net無料ブログ作成
状況と認識 ブログトップ

事故と破綻/ブログの移行(加筆2) [状況と認識]

ブログの移行


ブログの題名を変えて、新しい『彦坂尚嘉の《第200次元》アート』に移ります。

移行は2011年1月元旦からです。

『彦坂尚嘉の《第200次元》アート』の記事は、
2011年1月1日
以降、下記をクリックして下さい。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

事故と,破綻



このところコンピューターの調子が悪くて、苦しんでいて、太田丈夫さんにご尽力をいただいて、マックにOS5をいれたりしていました。

この作業とは別の原因で、外付けのハードディスクが壊れてしまいました。

ハードディスクに集中して保存していて、しかもバックアップをとっていないという愚かな事をしていたので、壊滅しました。

一応データー救出の専門家に送ったのですが、重傷で無理との事。

失われたものの中には、毎日オークションで制作していた画像作品もあったのですが、それもすべて失われました。

出力して作品になっているものだけになりました。

ですので逆に言えば、買ってくださった方々の作品は、それしか無いという希少性が格段にあがったのです。どうか、大切にしてください。飽きたりして不用になったものは買い戻しをいたしますので、ご連絡ください。
hiko@ja2.so-net.ne.jp


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

破綻はコンピューターの事故だけではなくて、人間関係にも及んでいます。

その原因も実は根が深くて、生きている空間の大きさの違いが重要だという事に気がつかされています。今までも何度も繰り返されていることなのですが、《群れ》という小さな空間に生きている人たちが、私には理解不能の行動と選択をとるのです。

《群れ》という小さな空間に生きている人たちというのは、政治家の実例で言うと鳩山由紀夫や、菅直人です。

鳩山由紀夫の発言が宇宙人であると言われています。

菅直人が外交音痴であるのは、尖閣諸島問題で露呈している事です。日本の国益を損なう政治をする首相というのは、何なのでしょうか。市民運動から出現した首相の、視野の狭さ、頭の鈍さは、日本の社会を衰退させ破壊して行くものとなっています。今日の民主党政治の混迷の、大きな原因と責任は、菅直人にあるのです。

彼らの空間感覚が、実は自然採取の原始人が持っている20人から120人の《群れ》の世界の空間の大きさであるというのが、彦坂尚嘉の言語判定法による判断なのです。

しかし人間の顔を一枚の絵画として見て、それに様々な言葉を投げかけて判断するという、この彦坂尚嘉の人物分析は、多くの方々から非難されているものでもあります。ですので相手にしてくださらなくてよいですが、日本の社会には、鳩山由紀夫や菅直人のような、奇妙な人たちがいるのも事実なのです。この奇妙さはなんなのか? そして菅直人首相のような政治性も外交性もない愚かさは、どこからくるのか?

こういう人は、政治家だけでなくて、美術の世界にも多いのです。

これらの人は、奇妙に小さな空間の強い直接性のリアリティの中に生きていて、今日のグローバルな広い社会的な視野がとれないのです。作家になろうとしながら、しかし作家にはなりたくないようです。作品は売りたいとい言いながら、実は売りたくない。小さく、密やかに生きたいようなのです。しかもそれは強烈なエゴイズムに満ちたナルシズムの個人主義なのです。それは日本人のかなりの人間に及ぶものであって、縄文時代のような少人数の原始共同体的なリアリティの直接性の中を生きていることを示しているように思えます。しかもそれが、すでに述べたようにナルシズムに満ちたエゴイズムなのです。

さて、そういう訳で、来年は、新しい方針で、新しい展開をしたく思っています。

喪失の傷は深くて大変ではありますが、その喪失に対応するだけの成熟を成し遂げたいと思っています。『喪失と成熟』というのは、自殺した文芸評論家・江藤淳の名著です。私たちは、喪失する過程を経て成熟の道を歩むのです。彦坂尚嘉が、はたして成熟の道を歩み得るのか?
成熟して行くために、彦坂尚嘉はどれほどの喪失を感受していけるのか? 
それが試されるのです。

それはまた彦坂尚嘉個人の問題ではなくて、日本社会の2011年でもあるように思っています。社会という《第1次元 社会的理性領域》が、重要性を増してきます。美術でも重要なのは《第1次元 社会的理性領域》なのです。《超次元 名品領域》や《第41次元 戦争領域》だけでは、問題を起こすのです。

社会の基本は《第1次元 社会的理性領域》であることを再認識して、社会に奉仕し、貢献するためのブログ活動であり、そして気体分子ギャラリーの活動でありたいと、改めて思っています。社会奉仕としての美術制作、そして社会貢献としての芸術作品でありたいと思います。

本年は、多くの不手際があり、試行錯誤の連続でしたが、このブログと、気体分子ギャラリーの活動を見てくださり、さらにご購入いただいた多くの方々に深く感謝いたします。

みなさま、良いお年をお迎えください。

                       彦坂尚嘉

日本の状況について [状況と認識]

古手のギャラリーさんと久しぶりに話したのだが、日本の美術界の状況はひどくて、

北朝鮮の近未来での崩壊 [状況と認識]

韓国高官「金総書記死後2、3年で崩壊」と公電
読売新聞 11月30日(火)11時50分配信
 【ワシントン=黒瀬悦成】「ウィキリークス」は29日、韓国の玄仁沢統一相が昨年7月、キャンベル米国務次官補に対し、北朝鮮の金正日総書記が「2015年以降は生存していないだろう」との見通しを伝えたことを記した公電を公開した。

 別の公電では、韓国政府高官が今年2月、駐韓米大使に対し、金総書記が死亡すると北朝鮮の体制は、「2、3年」で崩壊すると断言したとしている。

 この高官は、中国は北朝鮮の核放棄に向けた6か国協議に真剣に取り組んでいないと指摘。その根拠として、中国政府は「最も無能」で、「北朝鮮や不拡散について何も知らない」武大偉氏を同協議の首席代表に選んだことを挙げた。

 一方、29日のニューヨーク・タイムズ紙(電子版)によると、昨年2月に上海の米総領事館が発した複数の公電は、北朝鮮に詳しいとされる中国人の専門家が、金総書記の三男、正恩氏が後継者になるとのうわさに関し、「若すぎて経験不足」との否定的な見解を示したと記述していた。
最終更新:11月30日(火)11時50分


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年代後半に北朝鮮が崩壊するという専門家の予想は、
信憑性の高いものだと、私は思います。
北朝鮮の崩壊によって、極東アジアの情勢は劇的に変化するでしょう。それは中国の国内政治の変動も連動させるものかもしれません。

中国の援助による崩壊の回避もありえるでしょうが、どちらにしろ、激変の2010年代という時代ではあります。

〈群れ〉の人々 [状況と認識]

たくさんの人間とつきあってきましたが、出会いも多くありましたが、分かれもまた多くあるのです。

最近続けて複数の別れが発生していますが、その共通性に〈群れ〉の人々であるという特徴があります。

〈群れ〉

北朝鮮と韓国の戦争(加筆2) [状況と認識]







今日は原宿の大木裕之さんのところで、昨日に続いて出演者のパフォーマンスを見ていたのですが、その中に柳下毅一郎氏の「戦争と殺人について」のレクチャーがあったのですが、その最後の方に、北朝鮮と韓国の砲撃戦の報道が入ってきました。

柳下毅一郎氏は、「戦争は割にあわない」とする理性的な論理は優れていると思いましたが、2010年代になってからのきな臭い雰囲気がアジアに漂い始めたこともまた、事実ではあります。戦争が割にあわないにもかかわらず、軍備の増強が進んでいることも確かであって、割にあわないのなら軍備も割にあわないはずなのに、中国でも朝鮮でも軍備の増強は進んでいるのです。

ソヴィエとが滅びたにもかかわらず、アジアには中国と北朝鮮という時代遅れの共産主義国家が残っているのであって、この歴史的な異物と言うか、遅れの問題は柳下毅一郎氏の理性的な論理だけですむのかどうか、不安はあります。なによりも中国ですらが遅れてきた産業革命をやっている段階であって、こうした不均衡がある中での軍事的緊張があるのです。

日本の政治や社会の崩壊現象の進行もまた、戦争へとつながらないとも言い切れないものを持っています。大木裕之さんは、戦争で死ぬのを回避するためにチベットをイメージしているようですが、脱出の可能性を探しているようです。今回の催しの題名にもそういうことが示唆されています。それを間違いという気はありませんが、どこで死ぬのか、何を守って死ぬのかということも考える必要くらいはあります。

中国人も朝鮮人も、日本が侵略して痛めつけたことを覚えているのであって、この記憶は教育によって若い人にも伝えられています。過去の事実からは脱出できない面があるのであって、その逃げられない事実から逃亡していくとき、そこに開かれている世界には可能性はあるのでしょうか。大木裕之さんに続いて、たくさんの日本人が海外に脱出していく。そしてその脱出組が増えて、最終的には日本人全員が日本から脱出して、日本は空っぽになる。そこに中国人が入ってきて、日本列島は中国大陸に併合される。そういう事態になって、世界中から日本人が軽蔑されて、脱出した日本人に石を投げる。最初に石投げで殺されるのは大木裕之さんとなって、その記事が新聞に載る。そういうストーリーも悲しいものです。

いまさらチベットに逃げなくても良いのではないでしょうか。どうせ死ぬなら、日本でも良いし、とにかくなんでも良いから逃げないで、過去を引き受けて死ぬ。そういう惨めさや、無意味さの方が良いのではないでしょうか。


新庄剛志(野球選手) 絵描きになる [状況と認識]

3e0c2504.jpg

20080519-00000006-maip-base-view-000.jpg


新庄剛志さん 「絵描きになる」と言い残して南の島に消えた

NEWS ポストセブン 11月10日(水)10時5分配信

 日本シリーズの興奮冷めやらぬ中、かつてその舞台で躍動したあの名選手の意外すぎる近況が飛び込んできた。元北海道日本ハムファイターズの伊達男・新庄剛志(38)が、南の島に行ったまま長きにわたって姿を消しているというのだ。芸能関係者を中心に、その噂は瞬く間に駆け巡った。

9f737351.jpg

 ある芸能プロ関係者がいう。「どうやらただの旅行じゃないんです。新庄さん、周囲に“オレは絵描きになる”と言い残して消えてしまったらしい。その島の中でも、“絵描きが集まる村”“芸術の村”として有名な場所にいるらしい」

 2006年の引退以降、新庄は常人には予測できない“迷走”を続けていた。2007年には、長年連れ添ったタレントの大河内志保と離婚。タレント活動を続けながらも、地方競馬の馬主になったり、実業家を名乗ったり……。しかし今年5月、映画『僕たちのプレイボール』のエグゼクティブプロデューサーを務めて以降は、表舞台から遠ざかっていた。

img.php.jpeg

 その間、新庄が決意したのが「画家転身」だったのである。新庄に近しい別の芸能関係者がいう。

「新庄さんにとって、画家になるのは現役時代からの夢だったんです。引退以降、少しずつ絵を描きためはじめ、3年前には北海道や福岡で絵の個展を開いているほどです」とどうやら、その腕前も折り紙付き。

「彼はエアブラシという塗装スプレーで様々なテーマを描き分ける。個展を開いた当時は、自画像や車の絵などが中心でしたが、最近のテーマはもっぱら自然。彼自身が南国の風景にハマっていることもあり、半ば移住状態になっている。仕事のある時だけ帰国するという感じらしい。あれは相当マジですよ」(前出・芸能関係者)

「画家SHINJO」について詳しく聞こうと、事務所に尋ねると、海外に行っていることは認めたものの、詳細については「ノーコメント」と回答を避けた。

※週刊ポスト2010年11月19日号


タグ:新庄剛志
状況と認識 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。