So-net無料ブログ作成
検索選択
毎日オークション ブログトップ

第84回気体分子オークション【締め切り12/13(月)】 [毎日オークション]

第84回気体分子オークション
【締め切り12/13(月)】


101204_01.jpg

アーティスト名:彦坂尚嘉
作品題名:true art ♯15
制作年月日:2010年12月4日
サイズ:210×272㎜
素材:ニュートン透明水彩絵具、顔料マーカー、
   顔料インクジェット、ケント紙180kg
サインの有無:サイン有り

最低入札価格:2,500円
即決価格:40,000円
オークション締め切り:12/13(月)
12月13日以降は、定価
40,000円ですのでご了承ください。

続きは下をクリックしてください。

入札5件目、12000円/オークション終了しました! [毎日オークション]

1011018_02.jpg

5件目の入札がありました。

現在の価格12,000円です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オークション終わりました。
3点落札していただき、ありがとうございました。
感謝いたします。

第75回気体分子オークション(11/24終了) [毎日オークション]

栃原比比奈さんが、気体分子オークションに復活です。
今回はまず、机シリーズで、しかも最後の西部劇映画監督といわれるサム・ペキンパーのシリーズです。比比奈さんの新展開をお楽しみください。



第75回気体分子オークション(11/24終了)


開始日時:2010年11月18日 終了日時:2010年11月24日(水曜日)21時


1011018_02.jpg
クリックすると大きくなります




1011018_03.jpg
クリックすると大きくなります




3点落札されました。感謝です! [毎日オークション]

3点落札されました。感謝です!

FLOOR EVENT 1970(Blight) .jpg


Collapse《崩壊》/Performance:Veil of ignorance(Bright).jpg

落札価格:6000

FLOOR EVENT 1970(Light) .jpg
落札価格:5000円


どうもありがとうございました。
フロアイベントに興味を持って下さるギャラリストが現れて、今、写真を整理し始めているところです。今までいろいろな画廊ともおつきあいしましたが、私のデビュー作であり、代表作のフロアーイベントは、興味を示してくれる画廊はなくて、唯一の例外が坂上しのぶさんでした。それがもう一人出現して下さったので、できれば今までの全貌を、作品集にまとめられればと思っています。最後のチャンスとして、頑張りたいと思っています。



第74回気体分子オークション(11/17終了) [毎日オークション]


1969年にダブを開発したのが、リー・ペリーで、ジャマイカのトースティング、スカ、ロックススタディ、そしてレゲと進化してきた音楽を、一挙に世界的なメタ・ミュージックに変容さて、ヒップホップやハウスへの大きな影響を与えることになります。

リーペリーについては夢中になって、ジャマイカ版のレコードもそこそこですが買いあさって時期があります。リーペリーの仕事のなかでも一番好きなのがこの『スパーエイプ』というアルバムです。ここでは完全に芸術になっていて《原芸術》までがあります。『アートの格付け』からみても《120次元》までがあって、サントーム・ミュジックの早い例となっています。

第74回気体分子オークション(11/17終了)

というわけで、彦坂尚嘉の探究は、120次元までを発見して、自分でも制作できるようになりました。ここにアップするオークションの作品は、4点とも120次元まであって、サントーム・アートになっています。自分でもきれいだと思っています。
Wreck/Performance:Veil of ignorance(Light) .jpg

クリックすると大きくなります
101117_01
Wreck
《形骸》/Performance:Veil of ignorance(Light)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

FLOOR EVENT 1970(Light) .jpg

クリックすると大きくなります
101117_02
FLOOR EVENT 1970(Light)


続きを読む


第73回気体分子オークション(11/17終了)(【YouTube画像】音楽追加) [毎日オークション]

お休みが続きましたが、ようやく安定した作品になりました。
《第6次元 自然領域》ですが、《第51〜100次元》という暗黒領域を含んで、しかも《第100次元》ではサントームを持っています。《第6次元》しかない凡庸なものとは、一線を画す事ができる技量を身につけたのです。ずいぶんと長い時間をかけて来たと思います。詳しくはLESSON7回で書いて行きますが、微細で繊細な変化ですので、多くの人が読めるものではありませんが、興味のある方は読んで下さい。さて、まずは、遅れているオークションです。

格付けや価格のショップサイトが遅れていて申し訳ありません。栃原比比奈さんが、700号と60号の作品をほぼ完成させて、さらにオークション作品も制作を再開し始めているので、ご期待ください。フラフラしていますが、衰弱しているのではなくて、次のステップに上がろうと努力していますので、あきれずに、見守って下さい。どうぞよろしくお願いいたします。


第73回気体分子オークション(11/17終了)

Flames/Performance:Veil of ignorance Dark.jpg

クリックすると大きくなります
101116_01
Flames
《炎上》/Performance:Veil of ignorance(Dark


【続きは下記をクリックして下さい】

続きを読む


第72回気体分子オークション(11/17終了) [毎日オークション]

第72回気体分子オークション(11/17終了)

Collapse《崩壊》/Performance:Veil of ignorancea(Dark) .jpg
クリックすると大きくなります
101112_01
Collapse《崩壊》/Performance:Veil of ignorance(Dark




お客さんから次のようなメールをいただきました。

彦坂さま。


携帯のメールで失礼いたします。


今回の“無知のベール”による三点は、幾らからの入札になりますでしょうか。



【◎◎◎◎】


彦坂の返信です。


◎◎◎◎様 お問い合わせありがとうございます。ちょっと制作論で大きな転換があったので、無知のベールは、再度アップして行きますので、次週にご検討ください。どうぞよろしくお願いいたします。 気体分子ギャラリー 彦坂尚嘉


制作の転換をします。この一つ前のブログで書いたように、日本社会の構造に対する認識が変わったので、作品も変わるのです。それは文章を書く時に、読み手の設定を意識することが重要名のように、美術作品も、その観客設定が重要だからです。ピカソの場合には、コレクターによって作品を変えているのですが、これはピカソの残した手紙と作品展開の研究から分かっています。こうした事を馬鹿にしたり否定する純粋芸術至上主義の人が多くいる事は知っていますが、私はそうした純粋主義を間違いだと思っています。さて、そういうわけで、作品を再制作してアップし直します。


2点、つくります。お手本にしているのはマティスのつくりわけです。伝統的な作品と、非伝統的な作品の2種類をつくるやり方です。




【続きは下記をクリックして下さい】

 




 


続きを読む


第71回気体分子オークション(11/10終了) [毎日オークション]

ブログの更新が十分にできず、
さらにオークションもアップが出来なくて、失礼いたしました。

第71回気体分子オークション(11/10終了)

コレクター諸氏には、お気に召さない作品で恐縮ですが、
今回は写真作品。とは言ってもインクジェット出力の写真です。
用紙は、エプソンの写真用紙の最高峰CRISPIAで、高光沢で厚手のものです。
作品のエディションは20です。

1998年にやったパフォーマンスの記録写真3まいです、


Flames《炎上》/Performance:Veil of ignorance完成.jpg
クリックすると大きくなります
101109_01
Flames《炎上》/Performance:Veil of ignorance


Collapse/Performance:Veil of ignorance完成.jpg
クリックすると大きくなります
101109_02
Collapse《崩壊》/Performance:Veil of ignorance.


Wreck/Performance:Veil of ignorance完成.jpg
クリックすると大きくなります
101109_03
Wreck(形骸)/Performance:Veil of ignorance



毎日オークション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。