So-net無料ブログ作成

オークション以後の問題(後半削除違うブログに移項) [気体分子ギャラリー]

オークションということと、それ以後の問題を書いておきます。
オークションでは、作品の価格を1/6〜1/10の低価格にするところから始めています。気体分子ギャラリーの場合には、中古作品の販売ではなくて、新作の販売に限っているので、新作故のリスクの高さを前提にした価格設定と、オークションになっています。

つまり時間がたって、評価が出てきた場合には価格は変わっていくのです。詳しく述べるのは煩雑なので、ここではやりませんが、美術品の場合には、このような設定はあり得るのです。

実例があるので、オークション終了以後の問題例として、次をみてください。



はじめまして。

つい最近、ここを見つけました。◎◎と申します。
先生の作品は■■■■工房で刷り上げられた作品を中心に拝見させていただいております。
絵のことは良くわかりませが、先生の研ぎすまされた感覚が好きで、△△△△シリーズを家に飾らしていただいています。

このオークションは既に終わっているようですが、まだお手元にある場合、入札価格で宜しければお譲りいただけないでしょうか?
どうぞ宜しくお願い致します。

 
● 入 札 金 額:
[6000円]

●  競りの最高額:

● 落札後必要事項としてお選びください。

 1. 作品本体シートのみ希望



このメールに対して、彦坂は次のように返信しています。

◎◎様

メールありがとうございます。
ご購入の希望、ありがたく思います。


■■■■さんのご縁ですか。ありがとうございます。
『△△△△』は私も好きなシリーズです。
飾っていただいていて、うれしく思います。感謝いたします。

さて、オークションの件ですが、
オークションが終了してしまいますと、販売価格が即決価格の 
60,000円になってしまいます。

もともとが、作品の価格が、従来の私の定価や、現在の現代アートの価 
格の1/6から1/10の低価格で
オークションをしています。
それはしかしオークションという1週間の時間を限った新作の販売とい 
う条件でのものです。
オークションの最低入札価格が定価とか、プライマリープライスではな 
いのです。
本来の価格は10倍以上のものとお考えください。

美術作品というものの値段というのは、他の一般的な物品とは違う原理 
で動いています。
その独特の仕組みを承知してオークションをしていますので、
申し訳ないのですが、オークション終了後は、1/10の価格での販 
売はできかねるのです。

ご購入の希望はありがたく思いますが、今回はあきらめていただいて、 
オークション時でのご購入を
狙っていただくか、本来の定価である即決価格でのご購入をお願いした 
く思います。
ご理解をお願いする次第です


気体分子ギャラリー
彦坂尚嘉



〈群れ〉の人々 [状況と認識]

たくさんの人間とつきあってきましたが、出会いも多くありましたが、分かれもまた多くあるのです。

最近続けて複数の別れが発生していますが、その共通性に〈群れ〉の人々であるという特徴があります。

〈群れ〉

入札5件目、12000円/オークション終了しました! [毎日オークション]

1011018_02.jpg

5件目の入札がありました。

現在の価格12,000円です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オークション終わりました。
3点落札していただき、ありがとうございました。
感謝いたします。

11000円の入札がありました [気体分子ギャラリー]

1011018_02.jpg

入札がありました。
現在の入札価格:11,000円

10,000円の入札がありました。 [気体分子オークション」]

1011018_02.jpg

No.75【101118_02】Sam Peckinpah #2


現在の最高金額:10,000円


競りは1人が降りられて、
現在2人の競りです。



9,000円の入札がありました。 [気体分子オークション」]

1011018_02.jpg

3人目の入札者がありました。

現在の最高額:9,000円

第78回気体分子オークション(11/24終了) [気体分子オークション」]



私の方が、大きな作品にエネルギーを取られてしまって、その空隙を中川晋介さんが埋めてくれました。

tinbird0001.jpg
クリックすると大きくなります。
中川晋介「ティンバード♯1」
【1011_01】


tinbird0002.jpg
クリックすると大きくなります。
中川晋介「ティンバード♯2」
【1011_02】


tinbird0003.jpg
クリックすると大きくなります。
中川晋介「ティンバード♯3」
【1011_03】


tinbird0004.jpg
クリックすると大きくなります。
中川晋介「ティンバード♯4」
【1011_04】

『アートの格付け』

彦坂尚嘉責任による[ ティンバード#4  ]の芸術分析


《想像界》の眼で《超次元〜100次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《第8次元》のデザインエンターテイメント
《現実界》の眼で《超次元〜100次元》の《真性の芸術》


《想像界》《現実界》の重層的な表現。ただし《象徴界》《サントーム》は無い。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の4様態をもつ多層的な表現。


《シリアス・アート》《気晴らしアート》の同時表示
《ハイアート》《ローアート》の同時表示
シニフィアンとシニフィエの同時表示
理性脳と原始脳の同時表示

《透視画面》と《原始平面》の同時表示
オプティカルイリュージョンとペンキ絵の同時表示
【A級美術】と【B級美術】の同時表示

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》《形骸》《炎上》《崩壊》の全概念梯子が有る。

《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原デザイン》《原シンボル》の概念梯子が有る。

貴族美術と大衆美術の同時表示
作品空間の意識の大きさが《帝国》である。
《愛玩》という鑑賞構造が有る。
情報量が50である。


競りの現在の価格8000円です [気体分子ギャラリー]

1011018_02.jpg

入札がありました。
現在の価格:8000円

久しぶりに競りが始まっています [気体分子ギャラリー]

1011018_02.jpg

入札がありました。
現在の価格:7000円

北朝鮮と韓国の戦争(加筆2) [状況と認識]







今日は原宿の大木裕之さんのところで、昨日に続いて出演者のパフォーマンスを見ていたのですが、その中に柳下毅一郎氏の「戦争と殺人について」のレクチャーがあったのですが、その最後の方に、北朝鮮と韓国の砲撃戦の報道が入ってきました。

柳下毅一郎氏は、「戦争は割にあわない」とする理性的な論理は優れていると思いましたが、2010年代になってからのきな臭い雰囲気がアジアに漂い始めたこともまた、事実ではあります。戦争が割にあわないにもかかわらず、軍備の増強が進んでいることも確かであって、割にあわないのなら軍備も割にあわないはずなのに、中国でも朝鮮でも軍備の増強は進んでいるのです。

ソヴィエとが滅びたにもかかわらず、アジアには中国と北朝鮮という時代遅れの共産主義国家が残っているのであって、この歴史的な異物と言うか、遅れの問題は柳下毅一郎氏の理性的な論理だけですむのかどうか、不安はあります。なによりも中国ですらが遅れてきた産業革命をやっている段階であって、こうした不均衡がある中での軍事的緊張があるのです。

日本の政治や社会の崩壊現象の進行もまた、戦争へとつながらないとも言い切れないものを持っています。大木裕之さんは、戦争で死ぬのを回避するためにチベットをイメージしているようですが、脱出の可能性を探しているようです。今回の催しの題名にもそういうことが示唆されています。それを間違いという気はありませんが、どこで死ぬのか、何を守って死ぬのかということも考える必要くらいはあります。

中国人も朝鮮人も、日本が侵略して痛めつけたことを覚えているのであって、この記憶は教育によって若い人にも伝えられています。過去の事実からは脱出できない面があるのであって、その逃げられない事実から逃亡していくとき、そこに開かれている世界には可能性はあるのでしょうか。大木裕之さんに続いて、たくさんの日本人が海外に脱出していく。そしてその脱出組が増えて、最終的には日本人全員が日本から脱出して、日本は空っぽになる。そこに中国人が入ってきて、日本列島は中国大陸に併合される。そういう事態になって、世界中から日本人が軽蔑されて、脱出した日本人に石を投げる。最初に石投げで殺されるのは大木裕之さんとなって、その記事が新聞に載る。そういうストーリーも悲しいものです。

いまさらチベットに逃げなくても良いのではないでしょうか。どうせ死ぬなら、日本でも良いし、とにかくなんでも良いから逃げないで、過去を引き受けて死ぬ。そういう惨めさや、無意味さの方が良いのではないでしょうか。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。