So-net無料ブログ作成
検索選択

プロテストソング/フォークソングの歴史 [現代音楽]

美術音楽に思想がないとき、それは単なる娯楽に脱していってしまうのです。人間が生きることは苦しいことなので、人間にはエンターテイメントが必要で、そのための表現が大衆芸術とか娯楽なのです。普通の意味では民衆音楽というのは、直接性に依拠したエンターテイメントにすぎないのです。なぜにエンターテイメントだけではまずいのか。エンターテイメントというのはパスカルのいうところの「きばらし」であり、「きばらし」といのは、自分自身と向き合うことからの逃亡だからです。

自分自身からの逃亡として「きばらし」があるとパスカルは『パンセ』の中で書いています。日本のフォークソングの多くは「きばらし」の大衆音楽であって、《真性の芸術》性を欠いているものが圧倒的に多いのです。しかし、このような論法の「悪い場所としての日本」は正しいのでしょうか。間違っているのです。世界は多様であり、そして日本の現実もまた多様なのです。日本のフォークソングにも《真性の芸術》例外はいくつもあって、その一人が高田渡のフォークソングです。


高田渡のこの「自衛隊に入ろう」というのは1968年に歌われました。時代としてはパリ5月革命があった時であり、日本でもベトナム反戦運動が吹き荒れている反体制運動の高揚した時代です。ここで歌われたこの歌を、表面的にとらえて、ふざけた歌であり「きばらし」であるとみるのは、間違いなのです。ここには自分を見つめるまなざしがあり、芸術としての外部性があるのです。外部性こそが芸術であり、《芸術》というのはこのような形で現れるのです。この「自衛隊に入ろう」という歌を芸術として認識することが重要なのです。



晩年の高田渡もまた凄みのあるものです。ここには社会の外部としてのフォークソングの芸術的な根拠があるのです。芸術としての音楽は、立派なコンサートフォールにあるだけではなくて、ホームレスとして野宿する路上にあるのです。それは芸術としての美術が美術館にあるのではなくて、その外部にこそあるのと同様なことなのです。それは聖書に描かれているキリストが、砂漠に出て神と対話してくること。つまりパリサイ人が守る教会の中には真性の神がいないということなのです。キリストが砂漠で出会う神が教会の外部にいるように、芸術としての音楽は、社会の外部に根拠を持つていることを、フォークソング/プロテストソングは示して成功したのです。ここに芸術論のコペルニクス的な大転換があったのです。それによってハイアートとローアートの従来の関係が点灯していくのです。

立教大学大学院の比較文明学の授業そのものはアメリカのフォークソングの歴史をやるのですが、その前に日本のフォークの中での芸術の位置を示しておかないと、大切なものが見えなくなるので、もう少し彦坂尚嘉が評価する日本のフォークシンガーを紹介しておきます。

ファーククルセーダーズです。ここにも真性の芸術が存在します。


ファーククルセーダーズの歌のなかで、しかし大傑作は「かえってきた酔っぱらいです」。この歌をコミカル故に「きばらし」音楽と了解するのは間違いなのです。ここにこそ、自分自身から逃げない芸術の外部性が現れているのです。







一般的にいえば下層音楽である民衆芸術というものには《高尚な芸術》性はなないのだが、ウディ・ガスリーにはじまるプロテストソングの系譜を中心にして、高度な芸術性を持つカウンターカルチャーが出現してくるのが1950年代から60年代の時代なのです。

というわけで、なんといっても重要なのはウディ・ガスリーです。


ウディ・ガスリーは、1912年生まれ、1967年に死んでいます。アメリカ合衆国の歌手です。



ウデイの自伝・映画『わが心のふるさと』のワンシーン。自分の仕事を後回しにして組合 活動に傾倒するウディは奥さん向かって「何が給料だ!」と吐き捨てます。僕は感動しち ゃいました。この後で奥さんは子供を連れて出て行きますが・・・。フォークは心の豊か な人の音楽です!フォークはよく貧乏臭いと言われます。しかしそんなことを平気で言え る人たちの心のほうが遥かに貧しいのではないでしょうか?ガスリーは生涯の社会主義者かつ労働組合活動家

藤村龍至の批判的工学主義を問う!(藤村龍至vs松田達1〜5全編版) [建築系ラジオ]

収録日時:2010年6月20日
収録場所:するところ(設計:近藤哲雄)/東京都墨田区
収録時間:23分13秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:11.1MB
PLAY出演者:藤村龍至+松田達+永山祐子+北川啓介+彦坂尚嘉+建築系ラジオコアメンバー

北川──皆さんご存知だと思いますが、今日は藤村龍至さんに来て頂きました。批判的工学主義をテーマにお話して頂こうと思いまして、そのお相手として松田達さんに来て頂いてます。いってみれば今日は松田達さんと藤村龍至さんのバトルということで、盛り上がっていきたいと思います... シークレットゲストは、永山祐子さんに来て頂くことになっています。二人があまりに熱くなったときにということで、戦場のナイチンゲールとして、ナース服も買ってきました。これを着てもらうことになっています... それでは藤村さんから、よろしくお願いします。
藤村──皆さん、こんばんは。いまご紹介にあずかりました藤村と申します。今日は貴重な場を頂きましてありがとうございます...

・出演者プロフィール
藤村龍至(ふじむら・りゅうじ)
1976年東京生まれ。2000年東京工業大学工学部社会工学科卒業後、2002年同大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了。2002年より1年間ベルラーヘ・インスティテュート(オランダ)へ留学。 2002年から2005年までISSHO建築設計事務所共同主宰、2003年から2008年まで東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻博士課程に在籍し、2005年には藤村龍至建築設計事務所設立。2010年より東洋大学理工学部建築学科専任講師。

松田達(まつだ・たつ)
1975年生まれ。建築家。松田達建築設計事務所主宰。京都造形芸術大学・桑沢デザイン研究所非常勤講師。隈研吾建築都市設計事務所を経て、文化庁派遣芸術家在外研修員としてパリにて研修後、パリ第12大学パリ・ユルバニスム研究所にてDEA取得。作品=《第一回リスボン建築トリエンナーレ帰国展会場構成》《フラックスタウン・熱海》ほか。受賞=第10回タキロン国際デザインコンペティション3等ほか。共著=『20世紀建築研究』(INAX出版)、『建築・都市ブックガイド21世紀』(彰国社)ほか。

永山祐子(ながやま・ゆうこ)
1975年東京生まれ。98年昭和女子大学生活美学科卒業。98年青木淳建築計画事務所入所。2002年永山祐子建築設計設立。05年、ロレアル賞「芸術と科学の色の賞」奨励賞、中之島新線駅企画デザインコンペ優秀賞、つくば田園都市コンセプト住宅実施設計競技ニ等。06年、AR Awards(UK)「Highly Commended賞」。06年東京理科大学非常勤講師。

北川啓介(きたがわ・けいすけ)
1974年3月26日名古屋市内の和菓子屋生まれ。建築家、研究者。専門は、建築設計計画、建築意匠、現代建築、都市計画、情報空間論、サブカル論、ナゴヤ論。1996年国立名古屋工業大学工学部卒業。1999年ライザー+ウメモト事務所など。2001年同大学大学院工学研究科博士後期課程修了、博士(工学)。同大学大学院助手、講師、助教授を経て、現在、国立大学法人名古屋工業大学大学院工学研究科准教授、名工大ラジオ局長。論文=『映画の中の都市と建築』、『和菓子と建築』など。報文=『マンガ喫茶白書 社会問題に先行するひとり一畳の聖域』(日本建築学会建築雑誌、2008年4月号)、『もうひとつの建築設計資料集成』(日本建築学会建築雑誌、2009年12月号)など。著書=『ハイパーサーフェスのデザインと技術』(彰国社、2005年)など。受賞=日本建築学会東海賞、名古屋市都市景観賞など。 

建築系ラジオパートナー
彦坂尚嘉、天内大樹

建築系ラジオコアメンバー
五十嵐太郎+南泰裕+倉方俊輔

収録日時:2010年6月20日
収録場所:するところ(設計:近藤哲雄)/東京都墨田区
収録時間:23分38秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:11.4MB
PLAY

収録日時:2010年6月20日
収録場所:するところ(設計:近藤哲雄)/東京都墨田区
収録時間:29分09秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:14.0MB
PLAY


収録日時:2010年6月20日
収録場所:するところ(設計:近藤哲雄)/東京都墨田区
収録時間:30分06秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:14.5MB
PLAY

収録日時:2010年6月20日
収録場所:するところ(設計:近藤哲雄)/東京都墨田区
収録時間:30分06秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:14.5MB
PLAY


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。