So-net無料ブログ作成
-| 2010年11月 |2010年12月 ブログトップ
前の10件 | -

第81回気体分子オークション(12/01終了) [気体分子オークション」]



ピンクは、アメリカのR&Bのシングソングライターです。2000年デビューですが、そんなに前から聞いた覚えはありませんが、2002年のセカンドアルバムくらいから聞いています。今のアートの格付けでは超次元から120次元まであって、圧倒的な力量です。私の言語判定法では、〈原芸術〉がありますから、芸術音楽です。と言っても、多くの人は私の意見を信じないでしょうが、ブルースは高尚な芸術音楽であったのであり、その系譜を生きるR&Bは芸術であり続けているのです。

第81回気体分子オークション(12/30終了)

True Art ♯5.jpg

彦坂尚嘉 Ture Art ♯5 【101130_01】


True Art♯6.jpg

彦坂尚嘉 Ture Art ♯6 【101130_02】

6次元ですが、51から120次元を潜在させた作品です。
想像界だけの作品にしています。
おいおい安定させますが、しばらく連作をしてみようと思っています。

続きは下をくりっくしてくだっさい。

続きを読む


北朝鮮の近未来での崩壊 [状況と認識]

韓国高官「金総書記死後2、3年で崩壊」と公電
読売新聞 11月30日(火)11時50分配信
 【ワシントン=黒瀬悦成】「ウィキリークス」は29日、韓国の玄仁沢統一相が昨年7月、キャンベル米国務次官補に対し、北朝鮮の金正日総書記が「2015年以降は生存していないだろう」との見通しを伝えたことを記した公電を公開した。

 別の公電では、韓国政府高官が今年2月、駐韓米大使に対し、金総書記が死亡すると北朝鮮の体制は、「2、3年」で崩壊すると断言したとしている。

 この高官は、中国は北朝鮮の核放棄に向けた6か国協議に真剣に取り組んでいないと指摘。その根拠として、中国政府は「最も無能」で、「北朝鮮や不拡散について何も知らない」武大偉氏を同協議の首席代表に選んだことを挙げた。

 一方、29日のニューヨーク・タイムズ紙(電子版)によると、昨年2月に上海の米総領事館が発した複数の公電は、北朝鮮に詳しいとされる中国人の専門家が、金総書記の三男、正恩氏が後継者になるとのうわさに関し、「若すぎて経験不足」との否定的な見解を示したと記述していた。
最終更新:11月30日(火)11時50分


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年代後半に北朝鮮が崩壊するという専門家の予想は、
信憑性の高いものだと、私は思います。
北朝鮮の崩壊によって、極東アジアの情勢は劇的に変化するでしょう。それは中国の国内政治の変動も連動させるものかもしれません。

中国の援助による崩壊の回避もありえるでしょうが、どちらにしろ、激変の2010年代という時代ではあります。

第81回気体分子オークション(12/01終了) [気体分子オークション」]



ピンクは、アメリカのR&Bのシングソングライターです。2000年デビューですが、そんなに前から聞いた覚えはありませんが、2002年のセカンドアルバムくらいから聞いています。今のアートの格付けでは超次元から120次元まであって、圧倒的な力量です。私の言語判定法では、〈原芸術〉がありますから、芸術音楽です。

第81回気体分子オークション(12/30終了)

True Art ♯5.jpg

彦坂尚嘉 Ture Art ♯5 【101130_01】


True Art♯6.jpg

彦坂尚嘉 Ture Art ♯6 【101130_02】

続きは下をくりっくしてくだっさい。


続きを読む


第39回「ラカンと美術読書会」のご案内 [告知]

皆様
ラカンと美術読書会連絡係りの加藤 力と申します。
ご案内させていただきます。

今回の読書会は、藤沢(六会)の彦坂尚嘉アトリエで行われます。

通常行っている立教大学ではありませんので、
お間違えのないようご注意下さい。

年末にあたり読書会後に忘年会を行います。是非ご参加下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
第39回「ラカンと美術読書会」のご案内
日時12月12日(日) 1時30から開始、2時間半位

※ 読書会終了後、忘年会を予定しております。
  会費2000円
      付録として、700号を見る会
  お時間に余裕のある方は、こちらの方にもご参加ください。


場所 彦坂尚嘉アトリエ  藤沢(小田急線六会日大前)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「ラカンと美術読書会」とは下記の2人が共催する読書会です。

彦坂尚嘉(日本ラカン協会幹事、立教大学大学院特任教授、日本建築学会会員、
美術家)
武田友孝(元・東京スタデオ、インデペンデント・キュレーター)

ラカン『無意識の形成物〈下〉』と、
月代わりで選出される美術本の読書会です。

2007年8月より月一回のペースで開かれています。
ごくごく初歩的な読書会で何方でも参加できます。
どうぞお気軽にご参加下さい。

テキスト
     ◎ラカンは『無意識の形成物〈下〉』 (岩波書店)
     ●美術はグスタフ・ルネ・ホッケ著 種村季弘訳 
  『絶望と確信――20世紀 末の芸術と文学のために』(朝日出版社)

  参加費 無料(コピー代のみ実費で頂きたくお願いいたします)
     テキストは特に準備なさらなくても、こちらでコピーを用意いたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
六会日大前に着いたら、電話を携帯に下さい。
車で迎えに行きます。

徒歩で行かれる場合は、
小田急藤沢江ノ島線 六会日大前下車。
東口に出てバスターミナルを突っ切り 大通りを300メートル進み
六会日大前駅入口交差点と言う大きな交差点を右折。
300メートル進むと左手にローソンがあります。
ローソン手前の細い道を左折。T字路にぶつかるまで300メートル直進。
T字路左手が彦坂アトリエです。
徒歩12分

彦坂尚嘉アトリエ
〒252-0813藤沢市亀井野3−23−11
電話:0466-21-8898
携帯090-1040-1445
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
申込・問合せ先:加藤 力(美術家、臨床美術士)
              E-mail:sp5g7d99@axel.ocn.ne.jp
               FAX:0467-48-5667


作品から語るアートとデザインの違い [アート論]

テーマ討議

収録日時:2010年10月24日
収録場所:香川県小豆島
収録時間:10分45秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:4.9MB
PLAY出演者:彦坂尚嘉+五十嵐太郎

瀬戸内国際芸術祭2010で展示された、スゥ・ドーホー氏の「Net−Work」 について語ります。「Net-Work」は膨大な数の小さな人型の手足をつなげ漁の網のような物を作り、この網を砂浜の波打ち際に設置した作品です。ここでは彦坂尚嘉さんによる芸術論が展開されます。また、iMacの登場による工業デザインの変容や、若手現代美術作家の作品について述べられます。そして、アートとデザインの違いについては注目です。アンディ・ウォーホールを例にアーティストと職人の違いから、アートとデザインの違いについて言及しています。この収録は、小豆島を移動中のチャーターバス内でされたため、前半と後半に区切られていますが、内容がギュっと詰まった彦坂尚嘉さんの話は「一聴」の価値ありです。(近藤洋輔)


上村松園展(東京国立近代美術館)[1〜3] [建築系美術ラジオ]

収録日時:2010年10月15日
収録場所:千代田区某喫茶店
収録時間:21分6秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:9.9MB
PLAY出演者:藤原えりみ+糸崎公朗+山口俊郎+栃原比比奈+彦坂尚嘉+天内大樹

東京国立近代美術館での「上村松園展」の批評です。上村松園(1875~1949)は女性として初めて文化勲章を受章した日本画家です。展覧会を見たあと、彦坂尚嘉さんから美人画は、横山大観の「屈原」のような近代日本画の反動で江戸への追憶で生まれたものであり、近代国家としての日本が終わろうとしている現代に、骨董としての価値が生まれ、鑑賞しやすくなっていると説明がありました。そして同時代の鏑木清方などの他の美人画家は身体の構造が描けているのに対して松園は描けていないために芸術絵画ではなくイラストレーションであると指摘し、イラストレーションだからこそ多くの人を魅了する、と上村松園の人気の理由に迫ります。(江藤靖子) 

・出演者プロフィール
藤原えりみ(ふじはら・えりみ)
美術ジャーナリスト。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了(専攻/美学)。著書『西洋絵画のひみつ』(朝日出版社)、共著:『西洋美術館』『週刊美術館』『週刊 日本の美をめぐる』(小学館)、『現代アート事典』(美術出版社)など。訳書:H・リード『近代彫刻史』(言叢社)、C・グルー『都市空間の芸術』(鹿島出版会)、R・アスコット『アート&テレマティークス』(NTT出版)、M・ケンプ『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(大月書店)、C・フリーランド『でも、これがアートなの?』(ブリュッケ)ほか。武蔵野美術大学・女子美術大学・東京藝術大学非常勤講師。 

糸崎公朗(いとざき・きみお)
美術家。1965年長野県生まれ。東京造形大学卒業。写真家・美術家。「非人称芸術」のコンセプトのもと、「フォトモ」「ツギラマ」などの独自の写真技法による作品を制作。展覧会やワークショップのほか、出版や雑誌執筆など幅広い活動を行なう。主な個展に「"FOTOMO x CITY"Multi-Perspective Sx Editions」(香港藝術中心)、「金沢をブリコラージュする。」(金沢21世紀美術館)。主な受賞にコニカフォト・プレミオ2000年度大賞、19回東川賞新人作家賞など。主な著書に『フォトモの物件』『東京昆虫デジワイド』(共にアートン新社)など。 

山口俊郎(やまぐち・としお) 
美術家。1977年兵庫県生まれ。2001年倉敷芸術科学大学卒業、2003年広島市立大学大学院修了後、2004年~2010年倉敷芸術科学大学非常勤講師を務める。2009年  立教大学大学院文学研究科比較文明学専攻 彦坂尚嘉ゼミ 科目等履修生として単位取得。2008年 アートガーデン(岡山)にて個展。

栃原比比奈(とちはら・ひいな) 
美術家。1977年生まれ。2001年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。2000年より中野区の知的障害者施設のスタッフとして、ダウン症や自閉症、重度の知的障害者などが絵を描くプロセスと作品を研究。2001年よりサンエックス(株)勤務、2004年退社。2010年彦坂尚嘉アトリエ(気体分子アトリエ展)、ギャラリー山口にて個展

・関連項目
東京国立近代美術館上村松園展

収録日時:2010年10月15日
収録場所:千代田区某喫茶店
収録時間:13分52秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:6.5MB
PLAY出演者:藤原えりみ+糸崎公朗+山口俊郎+栃原比比奈+彦坂尚嘉+天内大樹

国立近代美術館での「上村松園展」の批評のつづきです。作品の保存状態の良さに注目し、人々に愛され、丁寧に保存される作品の共通点に話題は移ります。松園の作品は絹本という高価な支持体に高価な岩絵の具で工芸的ともいえる精緻な描きかたがされているために所有者も保存に力を注ぐのではないかとの指摘がありました。その他に大衆に愛される理由として、代表作である「序の舞」も女性が立っているように描かれていないことを例に、芸術的価値とは別のキッチュ絵画としての価値があり、彦坂さんはそれを挿絵的なものの極限と表現します。前回に引き続き、大衆に愛される松園の作品の本質に迫ります。(江藤靖子)

建築系美術ラジオ

収録日時:2010年10月15日
収録場所:千代田区某喫茶店
収録時間:14分35秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:6.6MB
PLAY出演者:藤原えりみ+糸崎公朗+山口俊郎+栃原比比奈+彦坂尚嘉+天内大樹

国立近代美術館での「上村松園展」の批評の最終回です。冒頭で糸崎さんから蛍の描写の不正確さが指摘され、栃原さんからは腕の位置の不自然さが指摘されます。そのことから松園が社会的通念で描いているために少女漫画的であることに話がおよび、松園の作品の持つ女性的な面について語られます。そこで宝塚歌劇団の様式的、装飾的な部分との類縁性などが話題となりました。最後に、藤原さんが松園をはじめとした当時の女性作家は大変な時代を生きてきた、現代の女性作家は自分たちの課題を見つけなければならないとまとめられました。(江藤靖子)


第80回気体分子オークション(12/01終了)(校正1) [気体分子オークション」]

True-Art-♯4.jpg

彦坂尚嘉 Ture Art ♯4 【10112_01】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『アートの格付け』

彦坂尚嘉責任による[彦坂尚嘉 Ture Art ♯4 ]の芸術分析


《想像界》の眼で《超次元〜120次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《超次元〜120次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《超次元〜120次元》の《真性の芸術》


《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の4様態をもつ多層的な表現。


《シリアス・アート》《気晴らしアート》の同時表示
《ハイアート》《ローアート》の同時表示
シニフィアンとシニフィエの同時表示
理性脳と原始脳の同時表示

《透視画面》と《原始平面》の同時表示
オプティカルイリュージョンとペンキ絵の同時表示
【A級美術】と【B級美術】

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》《形骸》《炎上》《崩壊》の全概念梯子が有る。

《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原デザイン》《原シンボル》の概念梯子が有る。

貴族美術と大衆美術の同時表示
作品空間の意識の大きさが《宇宙》である。
《愛玩》という鑑賞構造2つが有る。
情報量が100である。


第79回気体分子オークション(12/01終了)(校正1) [気体分子オークション」]

第79回気体分子オークション(12/1水)終了

TrueArt♯3.jpg
 彦坂尚嘉 TrueArt♯3

101127_01

6次元ですが、51から120次元を潜在させた作品です。
その意味では圧倒的に新しい6次元アートであると思っています。

入札最低価格4000円
即決価格40,000円です。

フォークソングの歴史(後半) [音楽]

現在のイラストや漫画的な美術の氾濫、そして娯楽一辺倒の音楽の蔓延は、なぜ、起きたのだろうか?

いわゆるサブカルチャーや、下層の大衆文化の台頭の問題です。下層の文化が、高尚な芸術になってくるのです。この問題をフォークソングの歴史を振り返る中で考えてみたいのです。

その説明は、以前の授業で、文明の三角形の運動の形として示したことがあります。文字を生み出し、農業を開始した古代文明をピラミッドのような三角形で図式しておきます。

近代という時代は、三角形が90度回転して、水平運動をするようになったものでした。この水平運動が、1975年のアメリカのベトナム敗戦で止まったことによって、最下層の後衛部分が、三角形の上部構造になったというものでした。

もう一つ、別の視点で語ったのは、近代は、実は2つあったというものです。一つがアメリカ主導の自由主義経済のもので、もう一つがソヴィエト主導の社会主義経済のものです。

しかもこれは同時に文化をアヴァンギャルドとキッチュに2分する分裂をも生み出したいたのです。グリンバーグのデビュー論文である『アヴァンギャルドとキッチュ』は、キッチュがソビエト文化であり、アヴァンギャルドが、アメリカ文化の上部構造となるのです。

つまり社会主義=キッチュ、自由主義=アヴァンギャルドという文化の2分化の構造が近代であるとすることができるのです。

社会主義的な文化として民衆的な下層文化があって、自由主義の高尚な文化としてアヴァンギャルドな芸術がある。

彦坂の「アートの格付け」ですと、この2分化は、超次元から50次元と、51次元から100次元の文化への2分化であったのです。


たとえばバッハの音楽は、超次元から50次元までしかありませんし、ゴッホの最良の絵画も、超次元から50次元までしかありません。つまり超次元から50次元までが高尚な芸術であるのです。

それに対してソヴィエとのプロレタリア美術や社会主義リアリズムの作品は、51次元から100次元まであるのです。

Kolkhoznitsa.jpg




音楽でも同様の構造が見えます。その代表として、ワルシャワ労働歌を聞いてみてください。





さて、そういうことを踏まえて、アメリカのフォークソングの歴史を見るとことの、今日は後半です。

まず、何よりもアメリカの中にも共産主義の運動があったのです。アメリカ共産党は1919年に結成され、1920年代から40年代の労働運動に大きな影響を与えました。さらに黒人に対する人種差別を撤廃する運動にも大きな影響を与えたのです。このアメリカ共産党は、現在も存続しています。



ピート・シーガー( Pete Seeger)

シーガーはアメリカ共産党の党員であったのですが、それは父親ゆずりでした。
父親であるチャールズ・シーガーはハーバード大学を卒業してバークレー校で音楽教授になった人物です。反戦主義者で、大学を追われています。アメリカ共産党の党員で、音楽家で、作曲家でしたが同時に民族音楽研究者であったのです。
母親はクラシック音楽のバイオリン奏者。継母のルース・クロフォード=シーガーは、20世紀を代表する女性作曲家であったのです。


こうしたことが、フォークソングを過激なプロテストソングにするとともに、知的な学問性をも付与し、同時にクラシック音楽に匹敵する高尚な芸術に変貌させたのです。


Where Have All the Flowers Gone? Pete Seeger


ピート・シーガーの歌は、超次元から100次元まであるもので、それはソヴィエト系の音楽、つまり51次元から100次元までの音楽とも違うものなのです。そして〈原芸術〉性があって、高尚な芸術なのです。ソヴィエトの音楽が大衆芸術であるのとは、大きく違うのです。
この高尚な芸術で、しかもトータリティの音楽の出現が、近代の2分化した構造そのものを批判していく大きなエネルギーになっていったと言えます。つまりアメリカに生まれたプロテストソングというものは、単に政治的なメッセイジがあるのではなくて、音楽のトータルな豊かさそのものが、近代という時代の分裂性を批判していたのです。


If I Had A Hammer - Pete Seeger


JUDY COLLINS & PETE SEEGER - "Turn, Turn, Turn" 1966



We Shall Overcome Pete Seeger



ウディ・ガスリー

ウディ・ガスリーは、ピート・シーガーのアルマナック・シンガーズという過激な政治運動の歌を歌うグルームに参加していました。



Woody Guthrie - Dust Bowl Blues



ボブ・ディランはウディ・ガスリーの影響を強く受けていますが、ハリー・ベラフォンテの影響もうけています。

普通はハリー・ベラフォンテの音楽をフォークソングとは言いませんが、しかしその歌は労働歌を基盤としたものであり、また公民権運動などの政治運動にも強く関わった歌手で、フォークソングと、広義には言えるように思えます。



ハリー・ベラフォンテ(Harry Belafonte
Harry Belafonte - Day-O(The Banana Boat Song)


Harry Belafonte - Matilda

ハリー・ベラフォンテの音楽は、カリプソと呼ばれていましたが、正確には間違いだそうです。本家のカリプソを紹介しておきます。カリプソは、カリブ海の音楽で、アフリカ人奴隷たちがお互いに言葉が通じず、音楽でコミュニケーションをしたのが始まり。歌は、情報であって、政治腐敗に対してもはっきりと批判を歌い、言論の自由を押し進めた音楽でした。音楽的にも非常に高度なもので、超次元から100次元までの全領域性を持っていて、魅力に満ちています。

calypso
David Rudder - Calypso Music

さて、いよいよボブ・ディランです。
ファーストアルバムのA1を聞いてみましょう。

Talkin John Birch Paranoid Blues bob dylan




ボブディラン「風に吹かれて」


ボブ・ディランの「風に吹かれて」が知られるようになったのは、
実はPeter Paul & Maryによって歌われたからでした。

ボブ・ディランの「風に吹かれて」には、超次元から100次元があり、しかも〈原芸術〉性があって、高尚な芸術になっているのですが、Peter Paul & Maryの「風に吹かれて」は6次元しかなく、しかも大衆芸術なのであって、実は似て非なるものなのです。

つまり奇妙なことですが、フォークソングには2種類があって、一つがPeter Paul & Maryのような6次元自然領域の音楽で、これらは大ヒットしていったのです。

そしてもう一つが、この授業で取り上げてきている高尚な芸術性にまで上昇しているフォークソングであって、この2重性が、実はフォークソングを豊かにしたと同時に、問題の所在を複雑にしたのです。



Peter Paul & Mary - Blowin in the wind


ランブリン・ジャック・エリオット(Ramblin' Jack Elliott
Ramblin' Jack Elliott - Talking Merchant Marine


ニールヤング
Neil Young - Helpless (The Last Waltz).


ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell


The Roches/♬Hammond Song♬





前の10件 | -
-|2010年11月 |2010年12月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。