So-net無料ブログ作成
検索選択

51次元から100次元/ノトケの死の舞踏(加筆1) [アート論]

Bernt_Notke_Danse_Macabre-6.jpg

51次元から100次元の美術というのがあります。
これをさかのぼって行くと、中世の『死の舞踏』に至りつきます。

バーント・ノトケ( 1508年/1509年)は、ドイツの画家・彫刻家です。
この人の『死の舞踏』を見てみましょう。

Bernt_Notke_Danse_Macabre1.jpg

Bernt_Notke_Danse_Macabre-2.jpg

Bernt_Notke_Danse_Macabre-3.jpg

Bernt_Notke_Danse_Macabre-6.jpg


『アートの格付け』

彦坂尚嘉責任による[ノトケの死の舞踏]の芸術分析


《想像界》の眼で《第51次元〜第100次元》のデザインエンターテイメント
《象徴界》の眼で《第51次元〜第100次元》のデザインエンターテイメント
《現実界》の眼で《第51次元〜第100次元》のデザインエンターテイメント


《想像界》だけの表現。
固体だけの表現。


《気晴らしアート》
《ローアート》
シニフィエの表現。
原始脳の表現


《原始平面》 ペンキ絵【B級美術】

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》は無い。

《世間体のアート》はある。

《形骸》《炎上》《崩壊》は無い。


《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原デザイン》《原シンボル》の概念梯子が有る。

大衆美術である。

作品空間の意識の大きさが《村》である。
鑑賞構造が無い。イラストである。
情報量が50である。

死の舞踏というテーマ性もさることながら、
大衆美術である事の方が大きく存在しているように思えます。
つまり非常に直裁で、直接的な表現になっているし、
何よりもイメージ絵画であるのです。

これには、今の日本の現代アートと同様に《原-芸術》性がありません。
つまり芸術作品ではないのですが、そういう美術が跋扈する時代は
過去にもあったのです。
こういうものが、今日の骸骨の装身具や装飾物へと流れてくるのです。
つまり大衆芸術の源流は、とりあえずは、中世にあったと言えます。
実際は、もっとさかのぼれると思うのですが。

タグ:死の舞踏
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。