So-net無料ブログ作成

第87回気体分子オークション【締め切り12/13(月)】 [気体分子オークション」]


ホラチュ・ラドゥレスクは、1942年ルーマに生まれの音楽家です。
ラドゥレスクの音楽には、昔の現代音楽とは違う次元性があります。

たとえばリゲティの音楽は超次元から50次元で作られているのに対して、
ラドゥレスクの音楽は、超次元から150次元までがあります。

第51次元から100次元というのは、どうやら、現実界の領域で、
101次元から150次元というのは、サントームの領域らしいと
いうことが、最近の私の研究ではわかってきています。

第87回気体分子オークション
【締め切り12/13(月)】


さて中川晋介さんの新作5点です。
以前の作品は、象徴界が8次元でしたが、それを克服して、
今回は第1次元になりました。




25314068.jpg

No.87【101211_01】皮膜 ♯1



『アートの格付け』

彦坂尚嘉責任による[ 皮膜 ♯1  ]の芸術分析


《想像界》の眼で《超次元〜100次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《第1次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《超次元〜100次元》の《真性の芸術》


《想像界》《象徴界》《現実界》の3界をもつ重層的な表現。ただし《サントーム》は無い。

気体/液体/固体/絶対零度の4様態をもつ多層的な表現。ただしプラズマではない。


《シリアス・アート》である。ただし《気晴らしアート》性は無い。
《ハイアート》である。ただし《ローアート》性は無い。
シニフィアンの表現である。ただしシニフィエ性は無い。
理性脳の表現である。ただし原始脳性は無い。

《透視画面》の表現である。ただし《原始平面》性は無い。
オプティカルイリュージョンの表現である。ただしペンキ絵性は無い。
【A級美術】の表現である。ただし【B級美術】性は無い。

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》はある。

《世間体のアート》は無い。

《形骸》《炎上》《崩壊》の概念梯子が有る。

《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原デザイン》《原シンボル》の概念梯子が無い。

貴族美術である。ただし大衆美術性が無い。
作品空間の意識の大きさが《帝国》である。
《哀願》《対話》《驚愕》《瞑想》《信仰》の5つの鑑賞構造がある。
情報量が50である。





25314088.jpg

No.87【101211_02】皮膜 ♯2








25314102.jpg

No.87【101211_03】皮膜 ♯3







25314120.jpg

No.87【101211_04】皮膜 ♯4







25314174.jpg

No.87【101211_05】皮膜 ♯5









25314202.jpg

No.87【101211_06】皮膜 ♯6



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。