So-net無料ブログ作成
検索選択

「フリーアート」第1回展 [告知]


フリーアートロゴ.gif

2010年8月9日(月)〜22日(日)

OPEN 11:00~19:00

「フリーアート」第1回

会場:気体分子ギャラリー
住所:藤沢市亀井野3-23-11
   
要アポイントメント(いない事もありますので予約してください。)
彦坂携帯:090-1040-1445
     hiko@ja2.so-net.ne.jp



「フリーアート」第1回展というグループ展を開催いたします。

参加メンバー

【参加作家】

高橋 堅(建築家)、糸崎公朗(写真家・美術家)、上岡誠二(東京F.A.T.)     

大木裕之(映像作家)、エサシトモコ(彫刻家)、中村圭一(美術家)      

後藤 充(写真家)、ASADA(彫刻科)、太田丈夫(美術家) 

北美紀(映像作家)、中川晋介(アニメター)、田嶋奈保子(美術家)

栃原比比奈(美術家)、彦坂尚嘉(美術家)


フリーアート宣言

無料主義経済の黎明 


芸術には絶対的なものが必要だ。

絶対は相対的なもののなかで現前する。

相対無くして絶対を知ることは出来ないのだ。


無料と1円の間には無限の隔たりがある。

しかし貨幣の中でしか無料を知る事は無い。

無料は絶対である。


作品が無料となる事によって、

否応無くそれは芸術となる。

無料である事と芸術であることは同じだ。


有料の作品は全てエンターテインメントだ。

それは芸術ではなく余興である。

無料は芸術の本質である。


芸術そのものが「生きた貨幣」となって、

あらゆるものが自由に流通し始める。

無料主義経済の黎明がそこにある。


http://www.artnomad.net/free-art/%E7%84%A1%E6%96%99%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E7%B5%8C%E6%B8%88%E

3%81%AE%E9%BB%8E%E6%98%8E/


(起草・上岡誠二)   

 




場所は、藤沢市六会日大前の気体分子ギャラリーです。

フリーアートの定義はいろいろあると思いますが、重要な事は価格が無料であるということで、それ以外は14人の作家の自由に任せます。

フリーアートの背景に有るのは、 F.A.T (Free Art and Technology) や、それに影響を受けた東京F.A.Tですが、その背後には1980年代に登場するヒップホップやグラフィティの流れです。

さらにさかのぼれば、1960年代後半のジャマイカでのダブの登場です。

さらにさかのぼれば、オーネットコールマンを中心とするフリージャズの流れです。こういう黒人系の表現の流れと、1960年代後半のヒッピーカルチャーを背景とするコンピュター技術の展開が基本にあって、フリーソフト(=フリーウェア)のとうじょうとなります。これも厳密には入り込んでいて、良く分からないものです。こうしたフリーソフトの流れと、アメリカ西海岸のコンセプチュアルアートの反商業主義のイデオロギーが台頭して、情報アートとしてのフリーアートが形成されてきていると、私的には思っています。

そこには、近代の流通アートからの脱出の流れがあって、私自身の本質には、1960年代後半からのこの情報アートの系譜と、もう一つ戦前のアナーキストの売文社という、一見矛盾する2つの流れをを生きているという自覚があります。どちらにしろ、

しかし、正確には、私たちは多様性の中を生きているのであって、その一つがフリーアートというルーズな言葉で生み出されるグループ展なのです。


会場には作品を展示します。

展示作品は各作家の自由にお任せします。

それとは別に見に来てくれたお客さんに、お土産として、広義の作品を持って帰ってもらうというものです。

 

お土産は、出来るだけ多様で、作家ごとに違うものが欲しいです。

飴、使い古しの鉛筆。古週刊誌、新聞の切り抜き、名刺、古着段ボール

卵いれのプラスチックケース等々です。かならずサインをいれる。

お客の人数は、会期の一日一人として14セットです。

お客さんは14人で締め切り。

 

お土産は、普通の紙袋を準備します。その中に無理無く入る大きさにして下さい。

以上のプロジェクトがあるのですが、これもフリーなので、出来るかどうかも良く分からないという、輪郭の曖昧なものです。

そうしたルーズさを愛する人々のご参加を求めます。

あとで会場地図をだしますが、小田急線の六会日大前下車、徒歩5分です。

予約してください。

いないときも有ります。

090−1040−1445(ヒコサカ)



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ASADA

コメントさせて頂くのは大変に久しぶりですが、
<第100次元>アートも引き続き愛読しております。
『フリーアート』第1回展に参加させて頂くのは
大変うれしいです、ありがとうございます。
アトリエ整理など、ご準備、お疲れさまです、
なにもお手伝い出来ずに誠に申し訳有りません(/_\)
明日、子連れですが搬入に伺います、よろしくお願いしますっ。
by ASADA (2010-08-09 00:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。